Alliance Port Inc. WORKS

福岡市文化芸術振興財団(FFAC)

アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会

「アートと市民をつなぐ」を目標に、文化芸術情報の収集と発信、活動者の支援、舞台芸術の振興の事業を推進する福岡市文化芸術振興財団。表現活動者と市民の輪を育むウェブサイトです。

詳しく見る

Client アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会
URL http://www.ffac.or.jp/
Year 2013年

福岡市文化芸術振興財団(FFAC)は、「市民の文化活動の振興に関する事業を行い、もって市民の充実した生活の実現と薫り高い市民文化の創造に寄与する。」をことを目的とし、様々な事業を展開しています。

このリニューアルにおける課題は、FFACの目的と活動の認知でした。 またFFACのサイトと並行して制作が進められた、九州、アジアの芸術文化情報を発信するサイト「Webアートリエ」との連携に関しても注意を払いました。

アライアンス・ポートでは、FFACが今後の活動をより多くの方々に知っていただくために、事業内容についてFFACの皆様と議論を重ね「信頼感を持たせ、分かりやすく」という方針にそって、ウェブサイトのリニューアルを行いました。

リニューアルのポイント

1.活動の柱を明確に伝えるトップページ

ffac_1.pngトップページ

トップページには、FFACの活動の3つの柱である「文化芸術情報の収集と発信」「活動者の支援」「舞台芸術の振興」への入り口を、イメージ写真とともに提供しています。FFACの活動の意義を、利用していただく皆様に、いち早く明確に届けたいという思いを実現しました。

2.FFAC主催イベントだけでなく、地域のイベント情報も発信し、活動者を支援

ffac_2.pngイベントページ

ffac-3.png「WEBアートリエ」はFFACのウェブサイトと連動している。

本サイトでは、FFAC主催のイベント情報だけにとどまらず、福岡・九州・アジア地域のイベント情報を提供しています。活動者自身がイベント情報を登録できる文化芸術情報サイト「Webアートリエ」を運用し、本サイトでもその情報を共有して、一体的な情報発信を行うシステムを開発しました。これにより、FFACの内外からたくさんの情報があつまり、人が集まる活気あるウェブサイトとなりました。

3.アジア地域の利用者向けに、ウェブサイトの自動翻訳を提供

ffac_4.png多言語に自動翻訳された状態

FFACは、福岡だけでなく、九州、アジア地域の文化活動に目を向け、情報を提供しています。ウェブサイトの掲載情報が、アジア地域の人々にも読んでいただけるように、Googleのウェブサイト自動翻訳ツールを組み込んでいます。右上の翻訳メニューから「日本語、英語、韓国語、中国語(簡体)」の4言語を選ぶことができ、言語の壁を超えた情報提供をサポートしています。

プロジェクトを担当したお客様のコメント

こちらがやろうとしていたことは、かなり高いレベルで実現してくれたという感想です。サイト見た人からはスッキリして見やすくなったといわれます。今後は、どのようにしてサイトをより活性化させるかがポイントです。アライアンス・ポートには、これまで色々な面で真摯に対応していただき、本当に感謝しています。今後も、力を合わせてサイトを成長させていきたいです。<FFAC広報担当 江崎様(2012年5月)>

福岡・九州・アジア地域の「旬」なアートシーンがわかる、福岡市文化芸術振興財団のウェブサイトをぜひご覧ください。