新聞ブログCLOUD利用規約

第1章 総則

第1条【定義】

新聞ブログCLOUD(以下、本サービス)は、シックスアパート株式会社(以下、Six Apart)が用意する「クラウド型Movable Type」に、アライアンス・ポート株式会社(以下、当社)が販売する「新聞ブログプラグインソフトウェア」(以下、ソフトウェア)があらかじめインストールされた状態で、当社が個人を除く法人又は団体(以下、お客様)に提供するサービスです。

第2条【本規約の適用】

お客様が本サービスを利用するにあたり、新聞ブログCLOUD利用規約(以下、本規約)を定めます。

お客様は、本サービスの新規利用のためのお申込、及び利用継続中において本規約に同意しているものとみなします。本規約に同意しない場合、本サービスを利用することはできません。

第3条【本規約の変更】

当社は、お客様に事前に通知することなく、本規約の全部又は一部を変更、規約を追加することができるものとします。

変更・追加された箇所を含む本規約全体は、本サービスのウェブサイト(以下、本ウェブサイト)及び、お客様が利用申込時に入力したメールアドレス通知することで周知した時点から効力を発するものとし、変更・追加後の本規約に同意しない場合、お客様はただちに当社に対して本サービスの利用を停止する意思表示を行い、本サービスの利用を中止するものとします。

お客様は、前項の内容を理解し、本規約の最新の内容を確認する義務を負うものとし、当社に対して、規約の変更・追加に関する不知・異議を申し立てることは禁止されます。

当社は、規約の変更・追加により本サービスをご利用中のお客様、及び第三者に生じた一切の損害について、直接損害か間接損害か否か、予見できたか否かを問わず、一切の責任を負わないものとします。

第2章 契約の成立

第4条【契約の成立】

お客様は、本規約を承諾の上、当社が定める申込画面(以下、申込画面)より本サービスの利用を申込むものとします。

申込画面にて本規約、及び第6条に定める本サービスを利用するために必要な個別契約に同意した場合に、契約が成立したものとします。

当社は、お客様に申込み内容に関して本人確認等のための資料の提出を求めることがあります。

第5条【契約の有効期間】

本契約の有効期間は、MT利用許諾契約(第6条に定義)の有効期間が満了するまでとします。また、理由のいかんによらず、MT利用許諾契約の終了に伴い、本契約、及びソフトウェア利用許諾契約(第6条に定義)も終了するものとします。

第3章 お客様の利用上の責務

第6条【本サービスを利用するために必要な個別契約の理解と同意の責任】

本サービスは、Six Apartが提供する「クラウド型Movable Type」に、当社が販売する「新聞ブログプラグインソフトウェア」(以下、ソフトウェア)があらかじめインストールされた状態で当社がお客様に提供するサービスであるため、本サービスを利用するために必要な「クラウド型 Movable Type 利用許諾契約(PDF)」(以下、MT利用許諾契約)及び「新聞ブログプラグインソフトウェア利用許諾契約(PDF)」(以下、ソフトウェア利用許諾契約)について、お客様の責任において十分理解し、承諾した上で本サービスを利用するものとします。MT利用許諾契約は本サービスを利用するお客様とSix Apartとの間に締結される契約条項であることについて、お客様の責任において十分理解し、承諾し、契約に同意した上で本サービスを利用するものとします。特に、MT利用許諾契約書が定める「本契約の成立」「本契約の変更」「クラウド型 Movable Type の提供及び本 Software の利用」「サーバーの管理」「データの復元」「お客様データの取り扱い」「コンプライアンス」「Six Apart による保証」「保証の限定」「禁止事項等」「責任制限」等についてSix Apart社とお客様の間の契約条項について十分理解し、当社が関与する立場にないことを理解した上で本サービスを利用するものとします。ソフトウェア利用許諾契約は、本サービスを利用するお客様と当社との間に締結される契約条項であることについて、お客様の責任において十分理解し、承諾し、契約に同意した上で本サービスを利用するものとします。MT利用許諾契約、ソフトウェア利用許諾契約のいずれかあるいは両方に同意しない場合は、本サービスを利用することはできません。

第7条【MT利用許諾契約と本サービス、及び本規約との関係】

MT利用許諾契約が定める「UNIBaaSユーザー」とは当社のこと指します(当社はSix Apartより「クラウド型 Movable Type」の取り扱いを認められたUNIBaaS参加企業です)。MT利用許諾契約が定める「契約画面」とは、本サービスの利用申込画面のことを指します。MT利用許諾契約が定める「テクニカル・サポート」の内容は、本規約の「テクニカル・サポート」が定める内容となります。MT利用許諾契約が定める「対価」の内容は、本規約の「対価」が定める内容となります。

第8条【禁止事項】

お客様は、次の各号に定める行為を行ってはなりません。

MT利用許諾契約が定める禁止行為

ソフトウェア利用許諾契約定める禁止行為

法令により禁止されている行為若しくは公序良俗に反する行為

新聞ブログを利用せず他目的のブログを運用する等、本サービスの提供目的と著しく乖離した目的で利用する行為

本サービスの業務内容やソフトウェアを調査または解析する目的で利用する行為

第4章 利用の解約・停止

第9条【有効期間の更新】

お客様は、MT利用許諾契約(第6条に定義)に基づき、有効期間満了日の 5 日前までに、更新しない旨の意思表示を当社を通じてSix Apartに通知しない限り、本契約を更新したものとみなされるものとします。また、更新しない旨の意思表示の方法は、本ウェブサイトで指定する方法に従うものとします。

第10条【利用の停止】

お客様に以下の各号の事由が生じた場合、お客様への通知若しくは催告を要することなく、本契約を停止し、又は本契約を解除することができるものとします。

お客様とSix Apart間のMT利用許諾契約が解除された場合

お客様が本規約の禁止事項該当する行為を行った場合。

前号のほか、本規約に違反し、是正の見込みがない場合

支払停止又は支払不能となったとき。

手形又は小切手が不渡りとなったとき。

差押、仮差押え若しくは競売の申し立てがあったとき又は公租公課の滞納処分を受けたとき。

破産、会社更生手続開始若しくは民事再生手続開始の申立をしたとき、又は申立を受けたとき。

信用状態に重大な不安が生じたとき。

監督官庁から営業許可の取消、停止等の処分を受けたとき。

解散、減資、営業の全部又は重要な一部の譲渡の決議をしたとき。

本契約を履行することが困難となる事由が生じたとき。

第11条【サービスの廃止】

当社は次の各号のいずれかに該当する場合、本サービス全部又は一部を廃止することができるものとします。本項に基づく本サービスの全部の廃止をした場合、当社は何らの債務を負うことなく、本契約を解除するものとします。

天災地変等不可抗力により本サービスを提供できない場合。

SixApartの「クラウド型Movable Type」が提供できない場合。

第5章 テクニカル・サポート

第11条【期間】

本契約の有効期間中

第12条【提供方法】

当社が指定する、テクニカル・サポート専用のメールアドレスに対して送信されるメールに対して回答する対応とします。その際の送信元のメールアドレスが、本サービスの申込時にお客様が入力したメールアドレスでない場合や、メール以外の手段での回答は行わないものとします。

第13条【提供時間帯】

土日、祝祭日、年末年始、その他当社が指定する休業日を除く平日10:00〜17:00。

第14条【回答に要する時間】

おおむね5営業日以内とします。

第15条【提供内容】

次の各号に定める内容についてご回答いたします。ただしSixApartの「Movable Type」については、お客様において使用方法を学習していただく必要があり、かつ、本サービスはある程度学習がお済みの方を前提としたサービスとなっているため、SixApartが提供するMovable Typeのマニュアルや、ドキュメントをご案内する場合があります。

「Movable Type」の使い方について

新聞ブログの使い方について

エラー動作不良について。但し、問題解決を保証するものではありません

第16条【サポートの対象外となるお問い合わせ】

以下の項目に該当するお問い合わせは、その内容のいかんを問わず本サポートの対象外となります。

当社指定の方法でのお問い合わせ

当製品以外の製品のインストールされた場合のお問い合わせ

パソコン、ブラウザ等、一般的なソフトウェアの操作についてのお問い合わせ

OS、ブラウザのバージョン、ネットワーク接続、プリンタ等、お客様固有の環境に依存する問題についてのお問い合わせ

各種利用許諾の禁止事項に該当する利用方法を行った場合のお問い合わせ

当社での作業代行のお問い合わせ

MTタグ、HTML、スタイルシートの具体的な記述内容についてのお問い合わせ

ソースコードの改変についてのお問い合わせ

ソースコードを改変した場合の問題についてのお問い合わせ

当製品以外の弊社製品及びサービスについてのお問い合わせ

その他、本サービス提供目的に沿わないと判断される利用方法についてのお問い合わせ

第6章 対価

第17条【対価】

本サービスの対価(利用料金)は、当社が本ウェブサイトにて定める対価を適用します。

本サービスの対価には、MT利用許諾契約(第6条に定義)に基づく「クラウド型 Movable Type」の対価、及び当社が対価を計算し、お客様に対して請求を行うものとします。

本サービスの対価は月額対価とし別段の定めの無い限り、消費税相当額を含むものとします。但し、契約成立日から1ヶ月間を経過した以降おいて本契約が契約期間の途中でお客様により解除された場合には日割計算にて精算されるものとします。

お客様の本サービスの利用する期間が1ヶ月に満たない場合には、本サービスの対価は日割計算により請求されるものとします。

お客様は、本サービスの対価を、毎月末日までの毎月分の対価を、翌月末日までに当社からの請求書に基づき、銀行振込で支払うものとします。

振込み等に手数料がかかる場合についてはお客様の負担とします。

当社は、お客様の承諾なく、対価の変更を行うことができるものとします。

対価に変更がある場合は、当社はお客様へ通知するものとします。

当社は、いかなる場合も本サービスについての対価をお客様に返還しないものとして、お客様は当社に対し、対価の返還を求めないことを了承するものとします。

第7章 責任制限

第18条【損害賠償】

お客様は、当社が損害発生の可能性を事前に通知した場合は勿論それ以外の場合であっても、利益の逸失、信用の失墜、不稼動、データ使用不能等に起因する損害及びにその他顕在化していない損害を含み直接的、間接的、偶発的、例外的、結果的若しくは懲罰的損害に関して、当社が一切の責任を負わないことを明示的に理解し同意します。

また、管轄裁判所において、偶発的、間接的損害の責任の制限及び免責を認めておらず、上記の制限がお客様に適用されない場合、その他何如なるケースであっても、当社の累計損害賠償額は、直近3ヶ月間にお客様が支払った料金額を上限とします。

第19条【免責事項】

お客様は、当社、その役員、従業員、代理人、子会社、関係各社及びその他パートナーを、お客様による本サービス又は本ソフトウェアの利用、その他本ソフトウェアに関わり発生する何如なる直接的、間接的、偶発的、例外的、結果的、懲罰的損害についての責任から一切免除することに同意します。

また、お客様は、当社は本サービスの内容及び、本サービスをに関する情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等いかなる保証も行わないことに同意します。

第8章 雑則

第20条【合意管轄】

本契約及び個別契約に関し訴訟の必要が生じた場合は、東京地方裁判所を管轄裁判所とします。

第21条【一般規定】

本契約は日本法を準拠法とし、同法に従って解釈します。本契約は、お客様と当社間における全てであり、本ソフトウェアのお客様の使用を本契約が律することとします。本契約成立以前の全ての合意事項は、本契約に吸収されるものとします。もし、本契約中に何らかの規定が、管轄裁判所において、法律に抵触すると判断された場合は、その規定は、法律の許す限り所期の目的を最大限達成するように変更又は解釈されるものとします。尚、本契約のその他の規定は、完全に有効とします。

本契約を譲渡することはできません。本契約の譲渡は無効です。

Movable Type、Movable Type ロゴは、SixApart,Ltd.の商標です。また、これらを含む各商標についての利用許諾については、各商標の権利者に従うものとします。

本契約における条文表題及び番号は、便宜上のもので、法的効果はありません。

第22条【その他】

ソフトウェア利用許諾契約(第6条に定義)に本規約と異なる内容の記載がある場合には、本規約に記載の内容を優先するものとします。

2013年5月30日 発行